覚えてもらうための術

就活生が名刺を持つべき理由で最も大きいのが口頭で自分を紹介するよりも、名刺を差し出した方が覚えてもらいやすい部分があるからです。名刺があるからこそ、会社説明会やインターンでの出会いでしっかり覚えてもらえる理由に繋がっていきます。そして、就活生で名刺を持っていない方も少なくないからこそ、名刺を持っているだけで好印象を与えられるというのも大きなポイントになるのは間違いありません。採用担当者の印象に残り、そしてお礼のメールを送れるのも大きいといえるでしょう。また、書き間違いを予防する意味も大きいです。

せっかく好印象を抱いてもらっても、電話番号やメールアドレスが間違ってしまうと、大きなマイナスになってしまいます。書き間違いは注意していたとしても起こってしまうものだからこそ、書き間違いを防止する意味においても名刺の存在は大きいといえるでしょう。

名刺を自宅で印刷するのも、インターネットで注文するのも問題ありません。最近ではシンプルなビジネス名刺を作成してもらえるがネットですぐに探せますし、注文から出荷も早く便利ですので活用してみても良いかもしれません。とにかく、自宅印刷やネット注文のどちらであっても名刺を渡す方に好印象を抱いてもらえることを意識すれば大丈夫です。名刺が必ずしもプラスになるかは断言できないものの、用意しておいてとりあえず持っておけば、いざというときのためになるのは間違いありません。