個人情報に要注意

名刺には氏名や住所そして大学名やメールアドレスや電話番号を記載しないといけません。氏名はいうまでもなく、電話番号とメールアドレスが重要になるといえるでしょう。これらを忘れてしまうと、名刺の意味がなくなってしまいます。ただし、住所に関しても悪用されてしまう可能性があるため、記載は慎重にすべきです。そもそも、就活生の名刺で住所の記載が本当に必要であるのかと思う方も少なくないでしょう。採用担当者が住所を知りたいと思うことはまずなく、履歴書を見ればすぐに分かることです。そのため、住所はあまり記載する必要はありません

電話やメールアドレスに関しても同様のことがいえるものの、最悪の場合は新しいものに変えればすぐに対応できるはずです。住所の場合はすぐに変えられるものではないからこそ、慎重になった方が良いでしょう。メールアドレスの場合は普段使っているものではなく、就活用に用意したものを選択する手もあります。

もちろん、あまり悪用されるということは現実的ではないものの、万が一であっても頭に入れておいた方が良いのは紛れもない事実です。ただ、適切な対応をすれば、十分名刺を活用してプラスになることも少なくないのも一つの事実といえるでしょう。